目箒(めぼうき)

目箒(めぼうき バジル basil ) シソ科  Ocimum basilicum

   

イタリア料理でなじみのあるハーブ「バジル」。

江戸時代の本草書『本草図譜』には「めぼうき(目箒)」の名で

紹介されています。バジルの種を水につけるとゼリー状になるので、

それで目の異物をとっていたことから名づけられたとか。

 

Basil  is known to us  as a kind of herb  in italian dishes,

In "HONZOU-ZUHU" written  during the Edo period  in Japan,

It was  introduced  already named "MEBOUKI(= a Broom for cleaning of eyes)".

Basil seeds  become jelly in water,so  they can use it  for wellness of eyes. 

 

 アロマテラピーでも、バジルのエッセンシャルオイルを使用する

ことがあります。様々な文化の文脈で用いられてきたハーブなのですね。 

  

We can use  Basil-essential oil  in aromatherapy too .

This herb has utility  in the context of  various cultures.

  

 

 

岩崎灌園『本草図譜』二十六巻 めぼうき

© Aroma-humanics research institute