日本の香り 1
檜( ひのき / hinoki
ヒノキ科 
Chamaecyparis obtusa
 

檜は、福島県以南にみられる高さ20~40mの常緑針葉樹。記紀や万葉集、風土記など古い書物にもみられ、古くから良質な建材として利用された。飛鳥時代に建造された法隆寺の建物にも檜が多くつかわれている。檜でつくった浴槽は「ヒノキ風呂」とよばれ、耐久性や香りや肌触りのよさから、広く愛されている。

 

HINOKI is  a kind of evergreen conifers , growing south of Hukusina

 ,20~40m in height .  We can find  the name 「檜」in ancient Japanese classical writings,  such as  the Kojiki , the Nihonshoki, and Manyo-shu. It's noted as building material of high quality.  The oldest wooden building  "Horyu-ji Temple"  is made from HONOKI,too. HINOKI-bath has been loved widely .

黒文字( くろもじ / kuromozi

クスノキ科 

Lindera umbellata

日本全土の産地に生育する落葉低木。黒文字の名の由来には、樹皮の黒い斑点が文字のようにみえたことなど、諸説ある。皮をつけたまま削って、和菓子の楊枝に使うため、ヨージノキとも呼ばれる。枝や葉に甘い芳香をもつ。根をを干したもの、古くから皮膚の不調の緩和に用いられてきた。

 

KUROMOZI is shrubby deciduous tree spread around Japan. Its name comes from black(KURO) spots on the bark. Some people thought  the spots look like black  letters (MOZI). Besides,That is used as a material of toothpicks(YOUZI),so it has another name "YOUZI-NO-KI(tree)". Branches and leaves  have a elegant-sweet-scent, and Roots was used as a remedy for  dermatitis.

© Aroma-humanics research institute